JPCでの車売却とその手数料

JPCという業者を通じて車を売却するとなると、手数料は発生します。
買取店の場合も、実は手数料は発生しています。ただそれが具体的に何円程度なのかが、明示されていない事が多いですね。オークションの代行業者の場合は、その手数料が明確になっている事が多いです。パーセンテージ制になっている業者もあれば、金額に応じて手数料が随時変わる所など様々です。JBCの場合は、後者のタイプになります。

 

落札金額に応じて変わるJPCの手数料

 

この業者による手数料の場合は、基本的には100万円単位で変わってくるようです。まずオークションを用いての落札金額が100万円に達していない場合、手数料は3万円となります。そして100万円台の場合は、35,000円ですね。
つまり落札金額に応じて手数料が徐々に高くなっていく訳ですが、最高額は5万円だそうです。つまり3万円から5万円の範囲での、出品の手数料が発生する事になります。
なおJPCの場合、上記の他にも別の手数料はあります。落札が発生した時など、別途で29,000円前後の手数料が発生します。
手数料が発生するのは、一見するとデメリットのように思えるかもしれません。しかし前述のように、それは買い取り業者でも発生しているのです。JPCの場合はその手数料がかなり明確になっていますので、買取店に比べれば透明性が高いとも言えるでしょう。

 

手数料が比較的リーズナブルなJPC

 

ちなみにJPCの手数料は、他の業者に比べればリーズナブルだと思います。必要コストを抑えてオークションの代行を行っているので、手数料を比較的低く抑える事ができるようなのです。

そして手数料が低いのは、やはり車の売り手にとってのメリットは大きいですね。高額売却が発生しやすくなるからです。少しでも高く車を売りたいのであれば、JPCはオススメです。