なぜ車査定では掃除と照度が大切か

 

車の買取業者はホームページにて、掃除に関して言及している事が多いです。なるべく掃除をしておく方が好ましいと、アピールをしている業者が多い訳です。
また照度に関して言及している業者もあります。買取業者の多くは顧客の元まで出張してくれますが、なるべく明るい場所が好ましいのだそうです。
ではなぜ上記のように言及しているかというと、時間に関わってくるからだそうです。

 

査定時間の短縮の為に掃除をする

 

 

まず掃除の方から申し上げると、余分な物が車体に付いてしまっていれば、やはり査定には時間がかかってしまう傾向があります。汚れが邪魔をして見たい場所を見る事ができないからです。ですので査定にかかる時間をなるべく短縮したいのであれば、やはり掃除をしておく方が良いですね。
また掃除をしておくのは、査定士に対する印象にも関わってきます。やはり査定士としては、きちんと掃除されている車の方が好感を抱く事が多いからです。相手に対する印象も大事なので、やはり掃除は行っておくべきですね。

 

照度も所要時間という印象に関わる

 

それともう1つの照度ですが、それも査定の時間に関わってきます。
車の査定士の方々は顧客の自宅までに行く事もよくありますが、あまり明るくない場所もあるのだそうです。暗いと、やはり査定に時間がかかってしまうでしょう。ですので、できるだけ明るい場所に車を置いてあげる方が良いですね。また照度も、やはり査定士への印象に関わってくるようです。
このように掃除と照度という2つの要素は、査定の所要時間と印象に関連してくる訳です。車の走行距離や年式などはどうにもなりませんが、掃除と照度はいくらでも調整できます。それで査定額がアップする可能性があるならば、やはりその2つの要素には気を使うべきだと思います。